Rubyist!
〜Make Programming More Fun〜
 
(C)2001, `Rubyist!' Project Team.


2002 年 11 月 上旬

上旬 / 中旬 / 下旬
TOP [an error occurred while processing this directive]

最新のページ

トピック別のページ
[ALL]| [ML]| [WWW]| [RAA]| [SPEC]| [MEDIA]| [EVENT]| [ETC]| [OT]

2002/11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2002/11/5 (Tue)

[EVENT]Ruby Conference 2002終了

11月1日から3日までの3日間、 Ruby Conference 2002が シアトルのコンベンションセンターにて開催されました。

当日の模様などもちらほらWebに公開されています。 Why the lucky stiffさん(Conferenceでもこの名前で名乗っていた) によるlog (1日目2日目)、 まつもとさんを囲んだ質疑応答(1日目)の記録Scott Laird さんによるでかい写真つきPDF などがあります。

それと、日本から私が持っていった Ruby本22冊の写真もあります。 これの左側にすずきひろのぶさんの OpenPKSDのデモがあったのでした。

なお、2chのRubyスレでroundtableのまつもとさんの発言の話がありましたが、 あれは エイプリルフールのparrotネタ(Perl6のengineになる前のもの)の記事 にあった、Larry Wallさんによる 「I got some mail from Matz, uhm, Matsumoto, the creator of Ruby; he said he was delighted, and he'd had a flood of new programmers as both Perl and Python programmers were deciding to get into Ruby. 」 という(ニセ)発言が元ネタになっているそうです。

(Maki)

[EVENT]RubyConf後のまつもとさん

さて、RubyConf2002は終わったのですが、 まつもとさんはまだアメリカにいらっしゃいます。

しばらくはそのままシアトルに残り、OOPSLA2002に参加されているはずです。 11月4日は、 1st International Workshop on Runtime Kernel Support for Dynamic Languages and Component Based Architecturesなる ワークショップに招待され(といっても自費参加だとか)、Rubyについて 話をすると言ってました。 このワークショップの参考情報は こちらにもあります。

そしてOOPSLAの後は、 Lightweight Languages Worshop 2002 (LL2)にて招待発表をされる そうです。上記リンク先の発表タイトルはRubyになっていますが、 Lightweight Languageの「定義」について話をするかも、とのことでした。

(Maki)



上旬 / 中旬 / 下旬

Ganerated by nDiary version 0.9.2
TOP