Rubyist!
〜Make Programming More Fun〜
 
(C)2001, `Rubyist!' Project Team.


2001 年 7 月 下旬

上旬 / 中旬 / 下旬
TOP [an error occurred while processing this directive]

最新のページ

トピック別のページ
[ALL]| [ML]| [RAA]| [WWW]| [EVENT]| [ETC]| [OT]

  • 2001 [ 01, 02, 03, 04, 05, 06, 07, 08, 09, 10, 11, 12 ]

2001/07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2001/7/23 (Mon)

[ML]Ruby関連書籍(洋書)の発行予定

RubyGardenによれば、 どうやらRuby関連の本が続々登場する予定のようです。

まずは、 Ruby Developer's Guide。これはRubyのXML-RPC([RAA:XML-RPC])とかを 書いているのMichael Neumannさんですね。DB、GUI、XML、dRuby(?)、そしてもちろん SOAP/XML-RPCについても書かれているようです。

もう一冊は、 Sams Teach Yourself Ruby in 21 Days。こちらはMark Slagellさん。 Ruby User's Guideの英語版を書いている人ですね([RAA:Ruby User's Guide])。 本の内容については、タイトル通り入門書じゃないかと思われます。

(Maki)

[ML]FastCGI (pure Ruby版) リリース

[ruby-talk:18265]にてEli Greenから、FastCGIのリリースがありました ([RAA:FastCGI])。

FactCGIについては、以前からCで書かれたものがあったのですが、 特に積極的なメンテナンスは行われていませんでした。 それが今回、EliさんからPure Ruby版のFastCGIモジュールが登場した、 ということのようです。Eliさんとしては、どちらにもそれぞれ利点が あるので、用途に応じて好きなほうを使えばいいのでは、ということの ようです。

(Maki)

[ML]99 bottles of beer

大元のメールは(マルチパートですらない)HTMLメールだったんで、そっこー削除してしまい 手元にないんですが、[ruby-talk:18074]の前あたりから始まるスレッドで、 「99 bottles of beer」という謎の文字列を表示する スクリプトをいかに短く書くか、という遊びが行われてました。

個人的にはこーゆー読みにくいコードにはあんまり興味ないのですが、 ところどころの技巧にはおおと思うところもありますし、何より好きなひとは 好きそうなので、とりあえずご紹介しておきます。

(Maki)

[ML]IO#read

[ruby-dev:13940] にてknuさんから、 「IO#read を使って何度もストリームから読み込むような処理をする とき、今のように毎回文字列オブジェクトを生成してそこに読み込んで 返すのは結構コストが大きいようです。」という指摘がありました。

で、当初は「うまくバッファ用オブジェクトを渡すような 新たなメソッドを作りたい」という方向で話が進んでいたのですが、 まつもとさんからは「そのコストの原因は本当はどこにあるのでしょうか。」 と指摘があり、そのボトルネックを調べると、Rubyのメソッドが getcで1バイトずつ読みこんでいることにある、と判明しました。 そこで、なかださんから[ruby-dev:13964]にてパッチが提出され、 そのパッチが採用されることになりそうです。

もっとも、これでもまだRubyのIOには難点も残っていて、最終的には 以前からの懸案の「stdioを捨てる」という方向での解決も匂わされて いますが、どうなるかはまだ不明のようです。

(Maki)

[ML]プライベートなインスタンス変数

[ruby-dev:13963]から始まるスレッドで、ごとけんさんから「プライベートな インスタンス変数」に関する提案がありました。

今のRubyのインスタンス変数は、サブクラスからスーパークラスのインスタンス 変数が丸見えになるようになっているのですが、それをできないようにさせよう、 というものです。 当初のごとけんさん案では「インスタンス変数のデフォルトをプライベートに」 というものでしたが、まつもとさん案は「@__fooをプライベートに」というもの で、今のところ「@_fooでプライベート」という案が有力になっています。

(Maki)

[OT]配色変更

2ちゃんねるのRubyスレッドで、このページについて 「とても会社で開けたもんじゃない」というご指摘をいただき ましたので、とりあえずトップページだけ配色を変更してみました。 いかがでしょうか>726-727さん

それと、Rubyホームページのwhat's newとの連携(?)に関しては、 取り上げる題材の範囲が若干異なるように思います。まあ、 unofficialということで気楽にやれる分もありますし。

ともあれ、2chでの宣伝ありがとうございます。これからも 活用していただければ幸いです。>ぎこるびさん

(Maki)


2001/7/24 (Tue)

[RAA]Rouge

Rubyで書かれたLisp インタープリタ、 Rougeが公開されました([RAA:Rouge])。作者は酒井政裕さんです。

最新版の0.1.1ではreadlineの対応も行われています(ありがとうございます) ので、カッコがなければ生きていけない方はぜひどうぞ。あ、Prologとの 連携も面白そうですねえ(Progolは使ったことないです)。

(Maki)

[ML]RDE (Ruby Development Environment)

[ruby-list:30692]にて、斉藤和樹さんよりRubyのWindows版開発・デバッグ環境、 RDEの紹介がありました。

手元にmswin32のRubyがなかったのでちゃんとは試せなかったのですが、 GUIなデバッグ環境としては本格的なもののようです。期待したいですね。

(Maki)

[ML]Ruby as opposed to Python?

[ruby-talk:18306]から始まるスレッドで、RubyとPython、さらにそれ以外の 言語との比較が行われています。

まあRubyにとってPythonは永遠のライバル(?)なので、この手の話が定期的に 行われるのは仕方ないところでしょうか。最近の情報では、Python2.2では だいぶRubyっぽくなっているようで興味深いです。単純に機能面からの比較で いえば、そのうちPythonもRubyと同程度(かそれ以上)の機能は持ちそう ですね。

そうなってくると、行きつくところは使いやすさ・分かりやすさ・統一性・全体の バランスといった、言語自体の設計方針によるところの差別化でしょうか。 まつもとさんが以前から言っているように、 「プログラミング言語は『何ができるか』ではなく『いかにできるか』だ」 ということですね。

(Maki)


2001/7/25 (Wed)

[ML]Ruby vs. Objective Caml

[ruby-talk:18464] から始まるスレッドでは、Objective Camlの 話題が取り上げられています。

……やっぱりRubyについて語るにはC/C++/Java/Perl/Python/Lisp/Smalltalkは 当然のこととして、HaskellやObjectCamlくらいは知ってないといけないの でしょうか(汗。MLは昔ちょっとやったことがありますが、Haskellに至っては インストールしてみただけ、という私にはやや厳しいものがあります。

(Maki)

[RAA]Rubyboot

RAAにRubybootというドキュメントが登録されました([RAA:Rubyboot])。

これはPerlで言うところのperlbootのRuby版、ということでいいんでしょうか? 要するにRubyでのオブジェクト指向についての簡単な入門、ということのようです。

(Maki)

[ML]TCP problem under windows (again)

[ruby-talk:18500]にてDave Thomasさんが困っています。

どうもWindowsのRubyでDRbをつかおうとしているらしいのですが、 上手く行かないようです。挙句、「Windows用Rubyインストーラが 最初にするべきことは、ハードディスクをフォーマットしてLinuxを インストールすることかも」とか言ってます。嗚呼。

(Maki)

[ML]PocketRuby?

[ruby-talk:18480]にてLi-Te Chengさんより、PocketPCにRubyを 移植中だという話がありました。

この移植作業は、どうやらStrongARMデバイス(iPAQ)のPocketPC (CE 3.0) をターゲットに、インタープリタとPocketPC上でのGUIつき開発環境(irbのような ものということなので、ちょうどRDEみたいな感じですね)を目標としている そうです。まだEmbedded VC++でコンパイルができた、というくらいで、 実質的な作業はこれからのようですが、興味深いですね。

(Maki)

[ML]Linux Conference 2001のRubyセッション

[ruby-list:30722] にてやまだあきらさんから、Linux Conference 2001 でのRuby関連セッションについて報告がありました。

プログラムが一通り決まったらしく、http://lc.linux.or.jp/lc2001/で見られるようです。青木さんの チュートリアルに、木山さんの世代別GC・VMの話、まつもとさんのこれから話が あるようですね。裏番組でマルチバイトな正規表現ネタをやっているのが気になります。

さらにライトニングトークもやるそうです (ネタ考えておこうかしら)

(Maki)


2001/7/31 (Tue)

[ML]State of the Onion Five

[ruby-talk:18628] にて、Dave Thomas さんから、 Larry Wallのスピーチの紹介がありました。

これ、結構激しい内容がいろいろ書いてあってびっくりです。特に メソッド呼び出しに「->」じゃなくて「.」を使うことにするから、 文字列の連結は「.」をやめて「~」を使うかも、とか。これくらいの 非互換が許されるなら、Ruby2.0でもあんなことやこんなことを やってもいいのかも? と思いたくなりますね。

ちなみにこのスピーチ、ライトニングトークの形式で行われたそうです。 55秒×33コマで、お子さんのHeidiさんがベルを鳴らす役だったそう(^^;;

(Maki)

[ML]Language shootout

[ruby-list:30760] にてごとけんさんから、 Language shootoutのページの紹介がありました。

が、このページ、ruby-talkでも[ruby-talk:8633]で紹介されていたり、 2ちゃんねるでも激しくガイシュツなページだったりします。 もっとも、こちらでは紹介してなかったので、記録の意味も含めて 取り上げてさせていただきました。

(Maki)

[OT]Alan Kay Story

[ruby-talk:18427] で、Alan Keyのちょっといい話が書いてあるページが紹介されていました。 こんな感じの話だそうです。

――ある「(自称)Object-Oriented」なproductの発表の後で、 その発表者にある人が質問したそうです。

「これは継承をサポートしていないね?」「その通り」
「多態もサポートしていないね?」「その通り」
「隠蔽もサポートしていない。そうだね?」「その通り」

それをうけて、質問者はこう言いました。
「だったら、それはオブジェクト指向じゃなさそうだね」

発表者は言いました。「ほう、誰がオブジェクト指向かどうかを決めるんだ?」

「私だよ」と質問者が答えました。 「私はAlan Key、私がその言葉を発明したんだ」

……ただ、この話には脚色があるそうで、Alan Keyは実は名乗らなかったので その部屋にいた人たちみんなに通じてたわけではなかったとか。

(Maki)

[ML]int/int=?

Python 方面から飛び火した、「整数÷整数」(Int/Int)の結果は 整数にするべきか、それとも実数(浮動小数)にするべきか、という話題が続いています。

この話題がRuby方面でもされるようになったきっかけは、どうも [ruby-talk:18712] の Paul Prescod さんの発言のようです。ここで、 彼は「実数にするべき」と思っているようなのですが、Pythoneerの多くは そうは思っていなかったようです。で、Python側の結論は、 PEP238 Changing the Division Operator にある通りです。「/」のほかに「//」を導入する、というものですね。

さらに、関連するPEPが PEP228 Reworking Python's Numeric Modelとして出ています。 というか、これが伏線なのかな? 要するに今までのPythonはCのモデル を流用していて、それがいまいち使いにくいんで独自のモデルにしましょう、 という感じのようです。ちなみに、このPEPでは他の数値のモデルとして Perlの「基本的にfloat」というものが取り上げられていますが、 「驚きは少ないけど表示などがかなりトリッキーで正しく丸めを行う必要あり」 という評価になっています。

ruby-talkでは、[ruby-talk:18752]からの「Re: Numbers classes.. Rational number?」 や[ruby-talk:18758]からの「int/int => ???」で議論が続いています。 ruby-listでも、[ruby-list:30764]からの「int/int => float?」でまつもとさんが 話題を振られてから、ぼちぼちとメールが出てきてます。

(Maki)

[WWW]まつもとさんCNET JAPANに登場

CNET Japan Newsmakersにて、 Ruby開発者――まつもとゆきひろ氏 というページが公開されました。

まつもとさんの、子供の頃から今に至るまでの経緯や、Rubyや その周辺に関する思い・考え方がインタビュー形式で掲載されています。

最後に、「重要なことは続けること」という発言がありました。

「Rubyが生き残れたのは、たまたま僕のやる気と生活環境が続いたからなんです。 これは、Rubyそのものがいいか悪いかということよりも、 もっと重要なことだったと思います。」

という言葉には重みがあります。

(Maki)

[ML]RWiki/1.2.1に弱点・Last-modified dumper illegally escape Page title.

RWikiに弱点が発見されました。 外部から任意のコマンドが実行できてしまうようです。 発見者はZnZさん。

現時点ではセキュアなバージョンは公開されていませんが、 パッチが RWikiのサイトで公開されています。RWikiを使用している 方はパッチをあててください。

(Maki)

[ML]まつもとさん、ネットワーク応用通信研究所に

[ruby-list:30781]でのまつもとさんの発言によれば、 まつもとさんを含む松江の人たちは、7月20日付けで (株)ネットワーク応用通信研究所に転職されたそうです。

詳細は不明ですが、そういうことだそうです。 ……ま、詳細が判ってもRubyユーザ・開発者にとって、 どうということはなさそうですが。

(Maki)

[ML]RubyGarden and the wiki will be down for a while...

[ruby-talk:18868]にてDave Thomasさんより、RubyGardenがしばらく ダウンするとのアナウンスがありました。 どうもディスク不良らしいです。

明日くらいには復旧の予定だそうです。

(Maki)

[ML]Perl/Python/Ruby common backend

[ruby-talk:18886]にてPat Eylerさんによれば、 ESRがPythonとPerlでVMを共有させよう!と 盛り上がっているようです。

何となく、スクリプト言語界(?)全体の流れとして、「Perl6」「Python3」そして 「Ruby2」という辺りが一つの到達点になりそうな雰囲気がありますね。 実際のところ、どこがどの程度までまとまるのか・あるいはまとまらないのか、といった ところはまだよく判らないのですが、試みとしては非常に興味深いと思います。

(Maki)



上旬 / 中旬 / 下旬

Ganerated by nDiary version 0.9.2
TOP